防音室を設置しよう|防音対策を行なう前に使用する素材について把握しておきましょう
室内

防音対策を行なう前に使用する素材について把握しておきましょう

防音室を設置しよう

作業員

ご近所トラブルの原因

ご近所トラブルの原因はいくつもありますが、その筆頭と言うことができるのが騒音が関係するトラブルです。たとえば楽器の演奏を趣味や仕事にしており自宅でも演奏を行なっていたり、音楽鑑賞が趣味でありオーディオ機器で大音量で音楽を聴いている場合などには、その音が騒音として捉えられてしまい、近隣住人との関係が悪化してしまうことは珍しくはありません。集合住宅においては、楽器の演奏自体が認められていないケースも少なくありませんが、戸建物件においても、騒音対策をしなければ近所一帯に音が響き渡ってしまう点には注意しておくといいでしょう。そういったトラブルを避ける為の騒音対策として行いたいのが、防音室の設置です。特に自宅でピアノやギターの演奏をする場合などには、騒音対策として欠かすことができない措置と言うことができるでしょう。

目的に応じた防音室

一口で防音室と言っても、様々なサイズがあり、また防音のレベルも何段階かに分かれています。たとえば、ちょうど人一人が入室できる電話ボックスのような形状の防音室もあれば、ピアノが入るサイズの防音室もあり、部屋自体を防音室にすることも可能になっています。ただし当然、サイズが広がれば広がるほど、また防音レベルが高くなればなるほどに、設置にあたって掛かる費用は高額になる傾向にあります。その相場としては数十万円程度から始まり、部屋自体を防音室にする場合には、数百万円程度の出費が必要になるケースが多くなっています。防音室による騒音対策を行う場合には、その目的と予算に応じて、最適な選択を行うのがオススメなのです。