快適な環境を得るために|防音対策を行なう前に使用する素材について把握しておきましょう
室内

防音対策を行なう前に使用する素材について把握しておきましょう

快適な環境を得るために

内観

商品をチェックする

家でピアノなどの楽器を演奏する際に、周辺への音漏れの心配があります。マンションなどの近隣トラブルでも、音に関するトラブルは多いため、その対策をしておくと安心です。二重サッシや防音ドア、防音カーテンといった簡易的な対策もありますが、効果は限定的です。したがって、音漏れを気にせず演奏したいのであれば、防音室を導入することが最も効果的です。防音室には、組み立て式のユニットタイプや、部屋に合わせて自由に設計できるオーダータイプがあります。ただし、ユニットタイプでも価格が50万円程度しますので、事前にしっかりとチェックしておくことが大切です。防音室が展示してあり、実際に体験できる店舗や、防音室のレンタルを行っているメーカーもありますので、それらも利用しながら最適な製品を選びましょう。

設置前に検討すること

防音室は高価ですが、楽器の演奏にとって快適な環境が手に入りますので、人気があります。価格は広さや遮音性能、ドアなどの設備により異なります。長時間使用するには、エアコンや換気扇、照明などの設置を検討したほうが良いです。マンションでは、工事内容により、管理組合の許可が必要な場合もありますので確認しておきましょう。設置にはユニットタイプで1日、オーダータイプなら最低でも3日程度はかかることが多いです。遮音性能として「D-40」などと表示されていますが、これは防音室内で発生した音を40dB遮音するという意味です。演奏時に100dBの音が発生する楽器で、D-40の遮音性能では、外に60dBの音が漏れます。したがって、演奏する楽器だけはなく、使用する時間帯や周辺環境なども考慮して、最適な遮音性のある防音室を選ぶことが大切です。