男性

防音対策を行なう前に使用する素材について把握しておきましょう

音を出しても安心な生活

耳

子供がいる家庭は子供の足音や、またはピアノを弾く音など、我々は生活において音を出します。しかし、音があまりうるさいと周りから苦情を受けたりトラブルになりかねません。防音工事をしておけば、そういったトラブルを回避できます。

もっと読む

遮音と吸音を工夫する

作業員

躯体伝播が音には大敵

コンクリート製の集合住宅の場合、防音性能の基礎となるのがコンクリートの厚みです。防音の重要な要素のひとつが音を通さない性能ですが、鉛やコンクリートのような重い材料を通過するとき空気振動で伝わる音を遮断することができます。音は空気を伝搬するためこれを遮ることが有効な手段なのですが、稀にコンクリートそのものを音が伝搬し遠くはなれた部分で振動として現れ、騒音となる場合があります。防音を行う上で難しいのがこの躯体伝播音です。この伝搬音を和らげるのに必要なのが、伝搬を防止する防振ゴムですが、これはコンクリートの床の上にさらに床を組んで二重床としているものに多く採用されています。床材を受ける束材の床と接する部分にゴムを用いて、下階に伝わる振動を防いでいます。また、本格的に下階に振動を伝えない場合は浮床という技術も使われます。

遮音性能と吸音性能の向上

音の伝搬を防止するためには重量のある壁を設けることが重要ですが、住宅の中に更にこういった壁を追加するのは何かと難しいです。そこで、もう一つの重要な要素である吸音材を利用して吸音効果を高めます。吸音材の役目は文字通り音を吸収して、その部屋で発生した音の反響を少なくするものです。吸音材は比重が軽いものが多いため、直接通過する伝搬音そのものを小さくする効果は薄いのですが、室内の反響音を抑える効果が高く音を吸い込んでくれます。防音を考慮する上で必要なのはこの遮音性能と吸音性能のバランスです。外部に音を出さないようにするなら、部屋内にもう一枚の壁を造り、壁と壁の間にグラスウールなど吸音性能のある材料を入れ、壁の表面に吸音材となる吸音フェルトボードや防音シートを貼るなど工夫が必要です。また、窓を二重にすることも重要な防音対策となります。

快適な環境を得るために

内観

防音室は騒音を心配せず、自由に楽器の演奏ができるため、人気があります。ただし、高価な製品が多く、快適に使用するためには、エアコンなどの設置も必要なため、事前にしっかりと検討しておくことが大切です。防音室のレンタルなども利用しながら、最適なものを選びましょう。

もっと読む

防音室を設置しよう

作業員

ご近所トラブルの筆頭と言っても過言ではない騒音トラブルを招かないように、自宅で楽器の演奏などをするにあたっては、防音室を設置するという騒音対策を行う必要があります。サイズや防音レベルに応じて費用が高額になる傾向があり、おおよそ数十万から数百万円の費用が掛かるため、目的に応じて設置するといいでしょう。

もっと読む